gpsの種類 | 携帯電話にも搭載されているgps発信機を利用する

携帯電話にも搭載されているgps発信機を利用する

PC

gpsの種類

gpsには様々な種類があり、用途や目的に合わせて選ぶ必要があります。
大きく分けて記録型と言われるgpsロガーと、リアルタイム型のgps発信機というものがあり、それぞれ車に取り付けるタイプのもの、人や物に対して使うタイプのものがあります。
リアルタイム型のgps発信機は、対象となる人や物に付けて、携帯電話やパソコンから位置情報を取得するというものです。
いつでもどこでも確認が可能なだけでなく、その日の全体的な行動範囲や経路まで記録することが出来るようになっています。
記録型のgpsロガーは録画機能があり、行動場所に関して録画をし続けることが出来るものです。
パソコンでその日の行動経路を確認するもので、リアルタイムでの確認は出来ません。
ですが、価格もリアルタイム型のものに比べて安いものが多いため、気軽に使うことが出来るものです。

大きく分けて2種類のgps発信機がありますが、車両用と対象者や物に忍ばせる用に分けられます。
車両用には強力なマグネットが付いていて、そのマグネットで車の下に取り付けるのです。
ただし、きちんと設置されていないと外れる可能性もあるので、必ず確認が必要です。
忍ばせる用のリアルタイム型gps発信機は、ほとんどが小型化されていて、すぐに見つからないようになっています。
目的に合わせて、どれがいいのかを選ぶことが出来るので便利です。
価格はものによって異なるので、比較サイトや業者のホームページをいくつか比較してから購入やレンタルをするといいでしょう。

Copyright© 2015 携帯電話にも搭載されているgps発信機を利用する All Rights Reserved.